医療テストベッド実証グループ

主なメンバー

山本 隆一主たる共同研究者 東京大学 特任准教授
田中 勝弥東京大学 講師
大江 和彦東京大学 教授
小池 創一東京大学 特任教授
吉田 真弓東京大学 研究補助員

研究課題

1.セキュア保護付解析

ID統合化技術の確立を目指し、IHE PIX/PDQに準じたID統合化システムを実装の上、実際の地域の医療現場で異なるID体系のデータが統合され活用可能になることを評価する。

2.医療テストベッド

SS-MIX2形式で収集された診療データ、レセプトデータ、DPCデータ、在宅医療における各種センサデータをモデル化した上で、形式を整理し、ランダムスワッピング等の手法を用いてダミーデータ化する。

そして、このダミーデータに対して、セキュリティ技術研究グループで開発したセキュア管理データシステムを導入し、さらにデータマイニングを実装の上、安全性、プライバシへの影響、フィージビリティ、実医学研究での妥当性などを評価する。また、在宅医療におけるセンサデータに対してもセキュアな収集から分析までの経過を実証的に評価する。