セキュリティコア技術グループ

主なメンバー

宮地 充子研究代表者 大阪大学/北陸先端科学技術大学院大学 教授
面 和成北陸先端科学技術大学院大学 准教授
布田 裕一北陸先端科学技術大学院大学 特任准教授
河内 亮周徳島大学 講師
蘇 春華大阪大学 助教
鄭 振牟大阪大学 特任講師
田中 覚大阪大学 特任助教
中正 和久秋田県立大学 特任助教
波多野 哲也大阪大学 特任研究員

研究課題

ビッグデータの収集・解析・利活用・所有者還元をセキュアかつフェアに実現するビッグデータの流通プラットフォーム実現を目指して以下の4分野での研究を行う。

1.セキュア管理データ

データ管理サーバにおける検証可能なデータ動的処理(追加、修正、消去)が可能で、データ復旧時にデータ所有者の負担を軽減する信頼性の高いセキュアデータ管理システムを実現する。

2.耐サイバー攻撃

サーバ攻撃では内部攻撃と外部攻撃の双方向の攻撃があるが、本研究では双方向の攻撃を考慮する。

SSL/TLSの攻撃のクライアントサイトで早期かつ容易に検出する手法の構築及び利用暗号の安全性を解析し、サーバ不正やサーバ攻撃への安全性を強化するために、メモリのアクセスパターンの機密性を保証する手法を構築し、双方向の攻撃に頑健なシステムを実現する。

3.セキュアデータマイニング

データ所有者の要望に応じたプライバシ設定を確保しつつ、データ利用機関の要望を考慮できる拡張性に富んだプライバシ保護演算を実現する。

4.セキュアデータ運用

ビッグデータ解析結果の適切な対価の還元・フィードバック・運用技術の構築に向けて、解析結果からデータ所有者の匿名トレーサビリティを実現するとともに、さらにトレースの正しさを第三者に匿名で証明する技術の実現をする。